基本書選びを間違うと時間の浪費になる

行政書士試験に独学で合格するためのおすすめの基本書

これから行政書士試験に独学で臨もうとする方が、一番先に考えるのが各科目の基本書選びではないでしょうか?

 

 

基本書の選び方を間違うと、無駄な時間を費やすことが目に見えていますし、こんなこと勉強して試験に出されるのだろうか?と不安になるはずです。

 

 

日々の努力の結果が、毎年11月の第2日曜日の13時から実施されるたったの3時間の行政書士試験で問われるのですから、誰もが無駄を省いて最小の努力で最大の効果を上げたいと思うはずです。

 

 

ところがどっこい、そうは問屋が卸さないのが行政書士試験の国家試験たる所以で、幅広くある程度の深さまで勉強しないと合格点に達しないように上手く作られています。

 

 

8割も9割も得点できないように難問も随所で出題され、あるレベルの勉強量をこなした者だけが180点以上得点できるように上手く考えられている試験だとも言えます。

 

 

だからこそ無駄のない知識を得るための基本書選びが重要になってくると思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

行政書士試験に独学で合格するためのおすすめの基本書

 

私が独学を開始するにあたって行政書士試験の全体像を掴むために購入したのがこちらのらくらく行政書士。

 

2015年版らくらく行政書士講義そのまんま。 (QP books)

 

こちらの「らくらく行政書士 講義そのまんま」で、行政書士試験の全体像を鳥瞰して独学で受験勉強をスタートしたのです。

 

 

こちらの本は、分かる・分からないだとか、覚える・覚えないなどということを無視して、とにかく全部隅から隅まで一度目を通すことで、行政書士試験の全体像を把握するには最適な本でした。

 

 

もちろんこれだけではなく、随時各科目の基本書なる本を買い足しながらです。

 

 

ただし、基本書やいろいろな本を買い漁り、かなりの書籍代がかかりました。

 

 

いろいろな本を買って、良かったものを紹介させていただきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

おすすめできる独学用の科目別基本書

 

合格体験記などを参考にしながら、各科目について基本書を揃えました。

 

 

基礎法学はこちらがイチオシです!

 

 

元法制局キャリアが教える 法律を読む技術・学ぶ技術[改訂第3版]

 

 

憲法はこちらがおすすめです!

 

 

公務員試験 速攻!まるごと憲法

 

 

一番配点率の高い行政法はこの2冊で8割得点が可能です!

 

 

公務員試験 はじめて学ぶプロゼミ行政法―行政法を基礎からやさしくビジュアルに学ぶ

 

 

 

条文から学ぶ行政救済法

 

 

不得意な方が多い民法はこれで制覇!

 

 

 

民法を学ぶ上で絶対に欠かせない本がこちら。

 

 

どこがポイントなのか理解しづらい商法はこちらがおすすめ!

 

 

商法がわかった

 

 

忌まわしい文章理解を含む一般知識はこちらの基本書がおすすめ!

 

 

2017年版まる覚え行政書士 一般知識○?チェック (うかるぞ行政書士)

 

 

これらの基本書を読み進めながら、学んだ部分の過去問を解きまくる日々が続きました。

 

 

おすすめの過去問はこちら!

 

 

 

行政書士六法のおすすめはこちら

 

 

行政書士試験合格六法〈’15年版〉

 

 

※書籍は全て最新刊を紹介していますが、改訂版・最新刊が出たときは、最新の改訂版でないと法改正にはついていけないことは、ご理解ください。

 

 

あとがき

 

実は、今回ご紹介した書籍の3倍近い数の書籍を私は受験期に購入しました。

 

 

書籍代だけで、通信講座代を超える金額がかかってしまいました。^^;

 

 

中には数ページ読んだだけで、嫌になって捨てた本もありました。

 

 

どんなに他人が薦めても相性が良くない本というのがあります。

 

 

相性が良い本に巡り合えるのは、好きなタイプの異性に巡り合えるのとよく似ています。

 

 

人の好みは、十人十色ですから、私がおすすめした本が合わない方もおられて当然です。

 

 

受験期に、好きで信頼できる基本書と出会えることが独学合格の秘訣かもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>>次のページに進む

 

 

 

>>>トップページに戻る

 

 

 

 

 

最先端の行政書士試験勉強法!
実務はこれで学べます!
page top