行政書士の求人がない中での唯一の実務経験を得る機会

行政書士法人で働くという選択肢はどうなの?

行政書士の求人を調べていただくとお分かりの通り、「行政書士そのものの求人」はほとんど皆無と言っても過言ではありません。

 

 

よしんば求人があったところで事務のパートさんだとか電話番ぐらいの仕事で、最低時給程度のもので、とても生活出来るようなレベルの求人ではありません。

 

 

俗にいう行政書士の補助者などと云うのも事務のパートさんなどとほとんど変わらない待遇で、行政書士試験に合格した方がやるような内容でもありませんし、有資格者を補助者としてそれなりの待遇で採用してくれる行政書士事務所は残念ながらありません。

 

 

明らかに修業を積んで仕事の仕方やノウハウを覚えたい有資格者に、愛の手を差し伸べてくれるような心の広い行政書士はほとんどいませんし、第一人を雇えるほど稼いでいる行政書士が少ないのが現実です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

独立したくてするのではなく独立しかないのが行政書士の現実

 

こういう状況だから、実務も知らずして独立するしかないのが行政書士だとも言えます。

 

 

行政書士は独立開業しやすいと云われていますが、正確には求人がなく実務を学ぶところがないために、独立するしか実務を覚える方法がないと言ったほうが妥当だと思います。

 

 

但し、昨今は行政書士法人が増えてきて、少なくとも10年前ぐらいに比べますと、以前よりも求人は若干多いようです。(ほんと若干です!)

 

 

そこで行政書士法人で働くという選択肢について考えてみたいと思います。

 

 

行政書士法人で働く勤務行政書士

 

 

実務経験がないままに行政書士事務所を開業するのはある意味簡単ですが、そこから生まれるのが「驚異の三年以内の廃業率」でもあると思います。

 

 

仕事が取れないばかりではなく、経営者としてしてやっていくことに躊躇する方も多いはずです。

 

 

経営するということは利益を出し続けるということと、仕事の責任も自分自身で追うことにもなりますし、帳簿の記帳や税務申告などもすべて自分一人でやらないといけなくなるんです。

 

 

晴れて行政書士試験に合格したからには行政書士業務をやってみたいが、経営者にはなりたくないという方には、おすすめなのが行政書士法人での勤務行政書士です。

 

 

将来はもちろん自分で独立したいけど、まずは勤務行政書士として実務を勉強したいという方には願ったり叶ったりかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

行政書士法人で勤務行政書士として働くときの注意点

 

行政書士法人の中には、ある業務に特化して業務を行っているところも少なくありません。

 

業務を絞ったほうが仕事が取れる確率も高くなりますし、数をこなせば効率的なスキームも生まれるからです。

 

 

行政書士業務はかなり広範囲となるので、許認可申請しか取り扱っていない行政書士法人や民亊法務の相続分野のみしか取り扱っていない行政書士法人などもあります。

 

 

あなたが将来自分がしたい行政書士業務と合致していれば申し分がないのですが、そうでない場合は実務については学ぶ機会がないために、自分でやはり勉強するか、他の行政書士法人を探すしかないのです。

 

 

行政書士法人に勤務するときはどのような業務を取り扱っているのかを事前に詳しくチェックしていきたいものです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>>次のページに進む

 

 

 

 

>>>トップページに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最先端の行政書士試験勉強法!
実務はこれで学べます!
page top