自分自身の棚卸をして商品化できないか考えてみましょう!

行政書士であるあなたが売るべきものを考える発想の手順

試験に合格してすぐに開業した士業者には売るべきものがないと言いますが、士業者ではなくても、ごく普通の方でも実は売れるようなものは無限大にあるのです。

 

 

まずは自分が何が得意なのか?などと云った「自分自身の強み」を棚卸をしてみることをおすすめします。

 

 

と、云われてもほとんどの方が自分の得意なこと?自分自身の強み?などと立ち止まります。

 

 

なので、次の3つに絞ってノートや紙に書き出せるだけ書き出してみることをおすすめします。

 

 

目標はそれぞれ100個です。

1 あなたの「得意なこと・あなたの強み」はなんですか?

 

2 将来あなたはどのようになりたいですか?

 

3 世の中の人はどんなことで悩んでいると思いますか?

 

 

俗に言われるブレインダンプなんですが、ほとんどの方は分かっていてもやりませんし、実際にやっても得意なこと、適当に好きなことや得意なことを20〜30ぐらい書いて「ハイ、終わり!」みたいな、まるで無意味なブレインダンプをしていることがほとんどです。

 

 

実はこの20〜30を書いてから、行き詰まった先を更に更に書き出してみることがとても大切なのです。

 

 

マジで2時間ぐらいやると、本当に脳が疲れます。

 

 

それぞれ100個、あわせて300個ぐらい書きだせるようになると、なかなかたいしたものだと思います。

 

 

行政書士試験に合格したあなたであれば、訓練次第ですぐに100個づつぐらい書き出せるようになります。

 

 

ですが、これらの自分の強みなどをアトランダムにたくさん書き出しただけではダメなのです。

 

 

どうすれば良いのか?と思われる方は記事を読み進めてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

思考法の大原則は発散と収束の繰り返し

 

 

ノートや紙切れにそれぞれ100個づつ書き出したものをよ〜く眺めてください。

 

 

それがまぎれもなく今現在の「あなた自身の頭の中身」なのです。

 

 

いかがでしょうか?
自分自身の頭の中身は、普段は意識しないはずですが、すべて外にアウトプットするとこんな具合になっているんです。

 

 

「これが私の頭の中身なのか〜?」としばらくじっくり眺めてみてください。

 

 

普段の生活の中で、これほどマジマジと自分自身の頭の中身を覗き見ることなどなかったはずです。

 

 

この発散された中身を収束する様にします。

 

 

思考法の大原則は「発散」の後は必ず「収束」なのです。(これ、重要です!)

 

 

収束の手順

 

 

まずは3番目のテーマである「世の中の人はどんなことで悩んでいると思いますか?」というテーマで書き出した内容をすべてあなたご自身が声を出して読み上げてみてください。

 

 

これは読むだけでOK!です。

 

 

次に、1のテーマである「あなたの「得意なこと・あなたの強み」はなんですか?」で書き出したものの中から、今後もずっと継続してやっていきたいものを3〜5個ぐらい選んでください。

 

 

次に、その3〜5個ぐらい選んだ中から、今後どのように活かしていけば3のテーマであなたが書き出した「世の中の人はどんなことで悩んでいると思いますか?」で書き上げた悩んでいる人を助けることができるかを考えてみてください。

 

 

自分の強みや得意なことでは悩んでいる人なんて助けられないし、悩みを解決できないなどと思わずに、「自分の強みで、案外こういう人たちの悩みを解決できるんじゃないか?」と考えるのです。

 

 

そう思えるものを最低3つ以上見つけてください。

 

 

1つの強みで1つの悩みを解決するみたいな発想よりは、3つの強みを組み合わせることで1つの悩みをより深く解決できるなどというほうがあなたのオリジナリティが出ます。

 

 

見つかりました?

 

 

見つかったならそれが正真正銘オンリーワンの「あなたのビジネスアイディア」なのです。

 

 

行政書士業務と何ら無関係でも構いません。(笑)

 

 

むしろ行政書士とは全く無関係なほうが面白いはずです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ブレインダンプで最後にやるべきこととは?

 

正真正銘オンリーワンの「あなたのビジネスアイディア」を見つけても、「こんなことで儲かるのか?」だとか、「こんなことは既にやっている人もたくさんいるんじゃ〜・・・?」などと、現時点では深く考えなくても良いです。

 

 

なぜならば、それは集客やリサーチをしながら探っていくことだからなのです。

 

 

それでは最後に2のテーマである「将来あなたはどのようになりたいですか?」で書き出した100個の中から10個だけを選んでください。

 

 

更に、それを実現するために「毎日できることは何か?」を考えて紙に書きだしてください。

 

 

書き出したら、その紙を「あなたのビジネスアイディア」と一緒に、いつも自分の見えるところに、常に意識できるように貼っておくことをおすすめします。

 

 

恐らく書き出したモノはこういう風になるはずです。

 

 

MYビジネスアイディア

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

将来自分はどうなっていたいか

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

これらを実現するために私が毎日できること

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

普段生活している上では使わないような頭の使い方をしたために、とても疲れた方もいるはずです。

 

 

ほとんどの方は、いろいろ悩んだりもがいたりしながら、ようやくここまでたどり着くことができるはずです。

 

 

裏を返せば、成功するためにはそれほど頭をひねらせる必要性が要求されるということなのです。

 

 

これは一度やればよいというワケではなく、習慣化することで「あなたの財産」になります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>>次のページに進む

 

 

 

 

>>>トップページに戻る

最先端の行政書士試験勉強法!
実務はこれで学べます!
page top