ワーキングプアまっしぐらの行政書士に30万円近いお金を払って開業したいですか?

行政書士の平均年収を知って登録申請しない行政書士有資格者

都市伝説とも言える行政書士の年収なのですが、ネットの●チャンネルなどで、かなり行政書士を誹謗中傷したマイナスイメージばかりが書き込まれているのを見て、ドン引きする行政書士の有資格者も少なくないと思います。

 

 

ある有名な通信講座では、行政書士の平均年収は600万円と書かれています。

 

 

しかしながら、日本行政書士会連合会のアンケート調査を見る限り、年間売り上げが500万円未満の方が76%という、まことに残念な数字をご存知な方も多いはず。

 

 

更に、年間売り上げが500万円未満の方の中には、年間売り上げが100万円以下の方もかなりいるのである。

 

 

いかに商品仕入れ代がかからず粗利が良い行政書士業務とは言え、年間売り上げが100万円未満なんて、アルバイト程度のお小遣い稼ぎしかならないことを意味するはず。

 

 

こんなアルバイト程度の年間売り上げで、毎月7000円の行政書士会の会費を払ってまで事務所を経営する意味があるのか?と思う方も少なくないはず。

 

 

スポンサーリンク

 

 

本当の行政書士の平均年収なんて誰にも分からない!!

 

実は弁護士や税理士・社労士などの年収については、厚生労働省の統計調査が行われているのですが、なぜか行政書士にはそれが行われていません。

 

 

要は他の士業者のような公式の調査が行われていない以上、本当の行政書士の年収なんて、誰にも分からないのです。

 

 

ここで気になることがあります。

 

 

それは日本全国にいる行政書士の数ですが、45000人ぐらいいるのです。

 

 

45000人もの行政書士の76%がワーキングプアなんて考えられますか?

 

 

あり得ませんよね?

 

 

スポンサーリンク

 

 

専業行政書士で食べている方ばかりではない!

 

行政書士試験に合格して業務が全く分からない有資格者の多くがやることが、自分が教わった資格スクールの講師になるという手。

 

 

資格スクールにしてみれば、行政書士講座の卒業生という強みを活かしながら、高いとも言えない時給で講師を雇えるメリットもあるし、登録申請したばかりの新米行政書士にとっては業務依頼が期待できない時の食いつなぎにはなる。

 

 

さて、ここで問題なのは、資格スクールの講師料は行政書士として領収証を発行するか?ということ。

 

 

資格スクールの講師は、登録申請していない有資格者もできるので、明らかに行政書士業務ではない。

 

 

若い人たちに「先生!」と呼ばれて教壇で面白おかしく講義をするのが好きな方であれば、講師を続けながら行政書士業務を学んでいくという手もある。

 

 

更には、合格のノウハウやスキルをまとめて、自分自身で「行政書士試験の短期合格講座の教材」を作って、株式会社を作って販売している行政書士もいる。

 

 

これらは行政書士業務ではないから行政書士としての売り上げにはカウントする必要はない。

 

 

こんなことは、ごくごく一例で、行政書士という国家資格をバックボーンにそれから派生する業務の別会社を運営しているような行政書士の方は少なくない。

 

 

稼げる方法のネタを明かす行政書士はほとんどいない。

 

 

行政書士という国家資格のネームバリューを活かして起業している方が少なくないことは明らかである。

 

 

そもそも、行政書士業務だけで初年度から食っていける方は多くはいません。

 

 

廃業率が高いと言われるこの業界では、本業以外にもいろいろなことを思いついて、キャッシュポイントを見つけてビジネスとして昇華させた方の中にはとてつもなく稼いでいる方もいるという実態を忘れてはならないと思います。

 

 

有資格者が行政書士の平均年収を知って登録申請しないという気持ちも分かります。

 

 

ですが、行政書士の平均年収なんて、純粋な行政書士業務以外で稼いでいる方からすればどうでも良いような数字でしかないし、月に7000円の会費を払っても数百倍のレバレッジを掛けることができることに気が付いた方は、したたかにほくそ笑んでいると思われます。

 

 

このような例以外にも、行政書士という資格の使い方はいろいろあるのです。

 

 

それに気づかない方が、次々に廃業するのではないでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>>次のページに進む

 

 

 

>>>トップページに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最先端の行政書士試験勉強法!
実務はこれで学べます!
page top