実務経験なしで行政書士事務所を開業します?

教養試験の行政書士試験に合格しても開業できないワケ

行政書士試験の受験生や合格した有資格者の方であれば、行政書士試験が完全な教養試験であり、実務の問題がたったの1問すら出題されないことはご存知なはずです。

 

 

このことは、受験勉強するときは大いにありがたいのですが、合格後に行政書士になろうとする者を大いに苦しめることとなるのは、お分かりいただけると思います。

 

 

行政書士が取り扱う代表業務について考えてみましても、多くの合格者は取扱業務名ぐらいはおぼろげながら知っていても、個別の業務に対する知識は全くゼロの状態なはずです。

 

 

行政書士の取扱業務の代表的なものについては、

・建設業許可申請(経審を含む)
・会社設立
・相続・遺言
・農地法関係
・車庫証明
・開発許可、宅地造成、都市計画関係
・各契約書の作成
・宅建業の免許
・産業廃棄物、一般廃棄物許可
・自動車登録
・内容証明
・風俗営業許可
・古物商許可
・入管、帰化申請
・交通事故関係
…まだまだたくさんあります。

 

さて、これらの行政書士の業務名を知っていても、一つ一つの申請書類をどこの役所に貰いに行って、どこの役所に提出したら良いのかが即答できる方は、合格したばかりの有資格者には、ほとんどおられないはずです。

 

 

しかも、一つ一つの申請書類を書くために必要な個別の関係法令は行政書士試験には出題されていないものばかりで、業務に関係のない弁護士や司法書士すらも知らないような法律が多いのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

とりあえず開業して業務を受けてから勉強しても良いのか?

 

開業したての新米行政書士に、いきなり建設業許可申請だとか産業廃棄物許可申請の仕事などが、おいそれと発注されることはほとんどないとも思います。

 

 

ですが、万が一業務を受けたときは、徹夜でもしてその業務の知識を勉強し、必要関係書類にそれを落とし込んでいけばいいさ!などと云う内容のことが多くの開業本等々に書かれているはずです。

 

 

確かに受けるかどうかも分からないような業務を予めすべて一通り学習してから開業するとなりますと、何年先に開業できるかどうかも分かりません。

 

 

枝葉末節などを気にしないお気楽な陽転思考が人生では重要な時もあります。

 

 

ところが、申請書類一式を書いて関係官庁に提出して許可を得て数万から数十万を頂く簡単な仕事と思ったら大間違いなのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

損害賠償を請求される業務であるという認識が大切!

 

許可申請なんて、許可を貰えば良いだけだろう?と簡単に思われている有資格者もいるかも知れませんが、とんでもない大間違いなのです。

 

 

風俗営業許可申請と云うと、有資格者の方は、若い女性がいるような夜のお店の許可をイメージする方もおられるでしょうが、実はパチンコ屋(スロットを含む)など遊技場の許可申請が風俗営業許可申請の代表的な業務の一つでもあるのです。

 

 

この件について、恐ろしい内容の話を本で読んだことがあるのです。

 

 

こういう風俗営業の許可申請等々は日本全国の市町村の条例等で異なることも多く、ある行政書士がパチンコ屋の営業許可申請を受託し、パチンコ業者は既に許可が下りることを前提として建物の着工に取り掛かっていたところ、申請そのものに不備があり、その場所での許可が出来なくなったんだそうです。

 

 

で、それを簡単な気持ちで受けた行政書士は、パチンコ業者から既に着工に取り掛かっている建設代金等々の損害賠償金数千万円を請求されるハメになったそうです。

 

 

その後の顛末はともかく、許可が下りることを前提としている経営者の方々にとって、許可が下りないなんてことは微塵も考えていないのです。

 

 

こんなことは、ほんの一例にすぎません。

 

 

許可が下りねば営業できないことも多々ありますから、新米行政書士が意欲だけで受任して良い業務と、下手をすれば莫大な損害賠償請求がされる業務の区別ぐらいは知っておかないと、廃業はおろか自己破産せねばならなくなる可能性もあることは肝に銘じておくべきです。

 

 

合格したばかりの有資格者は行政書士業務を知らなくて当然、だから開業して走りながら仕事を勉強しながら身に付けるというのも、ある意味納得せざるを得ませんが、どこかに地雷がないかをよくよく考えて仕事を受けないと、一生を棒に振ることにもなりかねません。

 

 

申請書類一式で数十万のお金を頂くからには、それなりのリスクも付き纏うという覚悟がなければ、行政書士はやってはいけない職業なのではないでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>>次のページに進む

 

 

 

>>>トップページに戻る

 

 

 

 

 

最先端の行政書士試験勉強法!
実務はこれで学べます!
page top